家庭教師の料金相場は?

【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
  1. 家庭教師の料金相場

家庭教師の料金相場

家庭教師って料金が高いイメージがあるけど・・・

家庭教師って料金が高いイメージがあるけど・・・

家庭教師はマンツーマン指導だし、家まで来てもらうわけだし・・・と考えると塾よりも圧倒的に料金が高そうなイメージですよね。ましてや家庭教師センターのようなところに頼むとなると、仲介料やテキスト料など、あれこれ上乗せされて月々の支払は大変なことになりそうな気がします。

子供のためにいい家庭教師の先生を見つけてあげたいけど、月々の支払が5万を超えると厳しい、いや10万程度におさまればなんとか、1万円以上は払えない、などそれぞれの家庭の事情もありますよね。

しかも、家計に対して払える払えないはあるにせよ、そもそも家庭教師の相場がわからないからどのくらいまでなら無理して払うべきなのかもよくわからない!ということで、家庭教師を頼んだ場合の月々の支払相場を調べて見ました!

家庭教師の相場公開!

学生教師のメリット・デメリット

ひと言に家庭教師と言っても、独立開業しているプロ教師から家庭教師センターに登録している学生教師、さらには個人で口コミだけで広がっている先生まで、いろんなタイプがあります。また、地方と比べると首都圏のほうがいくらか高くなります。

そういった諸事情をひっくるめて、だいたいの平均は以下のとおりです。

週1回(1~5教科)教わった場合の月々の平均支払額

小学生
(中学受験なし)
6,000~8,000円
小学生
(中学受験あり)
12,000~20,000円
中学生
(公立中学生)
8,000~16,000円
中学生
(私立中学校)
12,000~20,000円
高校生
12,000~24,000円

進学塾で1クラス10~30人の集団指導を受けた場合は、中学生で18,750~27,500円、個別指導だと29,000~40,500円ほどですが、これに入塾金年間テキスト代、さらに夏季講習冬季講習+諸経費がかかるので、それをすべて加味すると月額平均は44,000円(集団指導)、53,000円(個別指導)程度になります。

こうして比較してみると、家庭教師は塾より割安ですね。もちろん、家庭教師も派遣元の会社が取る仲介料やテキスト代によっては月額が高くなる場合もありますし、プロ教師の中には60分で10,000円前後というケースもあります。月額で指定されていて休んだ場合も金額は変わらず、といった設定もあります。一方で、家庭教師センターのような会社を通していても、家庭教師に毎回その日の料金、または月に来てもらった分の料金を月末に手渡しするだけ、というものもあります。

こうして相場を知っておくと、実際に家庭教師をお願いする場合にも、高いか安いかを判断する基準にもなりますね。その上で、家計と相談しながらできるだけいい先生にお願いできるといいと思います。

このページの関連記事一覧

ページのトップへ