なぜ塾ではなく家庭教師なのか知っていますか?

【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
家庭教師のメリット
なぜ塾ではなく家庭教師なのか?
年代別オススメの勉強方法
【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
愛知家庭教師TOP ≫ なぜ塾ではなく家庭教師なのか?

うちの子は塾と家庭教師どっちが向いてるの?

うちの子は塾と家庭教師どっちが向いてるの?

「子供の成績が落ちてきた!」「学校の授業についていけていないみたい」「そろそろ受験の準備を始めさせないと・・・」こういったことがきっかけで、親は子供の勉強方法について真剣に取り組み始めるものですが、このとき選択肢として浮かぶのは塾か家庭教師ですよね。友達が塾に通っているから自分も行きたい、学校の勉強以外にしっかり勉強したいから家庭教師をつけて欲しい、などと子供のほうから言い出す場合もあるかもしれません。

進学塾、補習塾、個別指導、そして家庭教師、といろいろあるなか、塾も家庭教師も種類ややり方によってかかる金額の幅は広く、ただ経済的な理由をもとにどちらかを選択する必要もありません。

では何が決め手になるのかというとズバリ、「うちの子はどっちに向いてるの?」ってことです。

塾が向いているタイプ

塾が向いているタイプ

自分で勉強する習慣がついている

家で宿題をやったり、授業内容の予習復習をしたりする必要があるのは、塾も学校も同じです。つまり、自分で勉強する習慣がついていない子供は、塾に通っても結局授業内容についていけなくなってしまいます。

学校の勉強は理解できている

進学塾は、授業が進むペースも学習内容も学校の授業よりもハイレベルです。学校の授業では物足りない、よりレベルの高い学習を求めている子供に合うものです。学校の授業についていけていない子供は、進学塾に通っても理解の助けになるようなことはないでしょう。

競争心が旺盛である

塾は勉強するという目的のためだけに子供が集まる場所です。そういった競争相手が周囲にいたほうが伸びるタイプの子供もいます。誰かを特定の人物に負けたくない、このクラスで必ずトップを取りたい、という意欲が強いタイプは塾に向いています。

わからない所について自分から質問できる

学校と同じく、わからない箇所が出て来たときに質問する勇気がない、恥ずかしい、といった子供は、塾でも結局問題を放置してしまい、最終的には授業が全然わからなくなってしまいます。わからないことはわからない、と質問するなどして、集団の中においても自分にとっていい環境を自分で作ることができるタイプが向いています。

家庭教師が向いているタイプ

家庭教師が向いているタイプ

基礎が抜けていて学校の授業についていけていない

家庭教師は1対1であるがゆえに、わからないところはわかるまで時間をかけることができるなど、その子の状態に合わせた指導が可能です。なので、基礎がなく学校の授業についていけていない子供は家庭教師で徹底的に問題を洗い出し、対処してもらえるので、塾よりも家庭教師のほうが向いています。

ほかの子供がいないほうが集中できる

塾には仲間も競争相手もいます。ペースを周囲に合わせてしまったり、わかっているフリをしてしまったりする子は、家庭教師で先生と1対1のほうがよいでしょう。自分の状態を把握し、先生と話し合い、自分に合ったペースで勉強のしかたを身につけることができます。また、友達に会うのが目的で塾に行っているような子も、先生と2人っきりだと勉強そのものに集中せざるを得ないので、家庭教師のほうが向いているでしょう。

部活や習い事で忙しい

学校の授業以外に部活や習い事などで忙しい子は、空いているところにスケジュールを入れてもらえて、行き帰りの時間も節約できる家庭教師のほうが向いていると言えるでしょう。塾に通うとそこでの友達との付き合いも始まって、行き帰りも含めると結構な時間を取られてしまいがちです。

塾で成績が伸びない原因とは

塾で成績が伸びない原因とは

塾に通っているけど、「成績が上がらず低迷したまま」、または「下がってしまった・・・。」という話をよく聞くのですが、何が原因かみなさんわかりますか?

ここでは塾に通っているのに成績が伸びない原因を紹介しています。

塾の夏期講習に行かせたけど・・・効果なし

塾の夏期講習に行かせたけど・・・効果なし

最初は友達と一緒に行くのが楽しみな様子で、毎朝暑いのにハリ切ってでかけて行きました。1学期の塾はあまり合っていない感じだったけど、夏季講習は集中的にやるし、また友達も一緒だし、よかったのかも!と喜んでいたところ、2週間目に入ったくらいからか、だんだん行きたくなさそうになってきました。

ここでは娘みーこが夏期講習に通っていた時の実体験を紹介しています。

pagetop