勉強効率がアップする?家庭教師にお菓子を出すメリット

【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
家庭教師のメリット
なぜ塾ではなく家庭教師なのか?
年代別オススメの勉強方法
【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
愛知家庭教師TOP家庭教師のメリット ≫ 勉強効率がアップする?家庭教師にお菓子を出すメリット

家庭教師の先生に飲み物や食べ物を出すのは普通のことなの?

これから家庭教師の先生が来るけど、もてなし方がわからない・・・そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。考えすぎていくうち家庭教師はお客様というわけではないのだし、もてなす必要はないのかしら、なんてことが頭に浮かぶことも。私も初めて先生が来る日にはだいぶ迷いました。

飲み物だけでいいのか、食べ物も出した方がいいのか、いつ出したら迷惑じゃないのか、などなどわからないことばかりですよね。

ちなみに、大手の家庭教師サイトなどでは特別お茶菓子を出す必要はありません、と明記しているところもありますね。でもそういった配慮はいらないと事前に言われていたとしてもお茶くらいは出すお宅がほとんどだと思います。

これはただの私の予想ですが、家庭教師の普及につれて高級なお菓子を出すようなお宅も増え、「こんなお菓子で大丈夫かな」と心配になって問い合わせるお母さんが増えたのかなあ・・・なんて。私には「過度な気遣いはしなくても大丈夫ですよ」という意図に読めます。当然のことというより、出している家庭が多いのが実情なのでしょうね。

家庭教師の授業中に出すお茶やお菓子はどんなものがいい?

家庭教師の授業中に出すお茶やお菓子はどんなものがいい?

お菓子を出すのは絶対になくてはならないことではありません。ただ、先生だけじゃなく子供ものどは渇きますから、私は子供の飲み物と一緒にお茶やジュース、あるいは確認を取って紅茶やコーヒーなんかも出すことがあります。

我が家に来てくれている家庭教師の先生に聞いてみたら、やっぱり飲み物やお菓子を出すご家庭は多いそうです。というか、何も出さないケースは今までに経験したことがないです、と言っていましたね。

私はついつい迷惑じゃないかしらとか考えてしまうことも多くて、お茶やお菓子を出されて嬉しいのかどうかを聞いたところ、適度な気遣いをしてもらえるのは嬉しいと言ってくれました。さすがにすごく高そうなお菓子などを出されると遠慮してしまうでしょうし、家庭でよく食べられているくらいがいいんでしょうね。美容院などでちょっとした待ち時間に出されるようなお菓子がいいのかもしれません。

どんなタイミングがベスト?喜ばれるお茶やお菓子の出し方

では、実際に差し入れをするのはどんなタイミングがいいのでしょうか。私が調べた内容と自分自身の差し入れ体験から考えると、以下の中からいつにするか先に決めておいたり、回数を重ねるごとに先生の意見を取り入れていくのがいいのかな、と思います。

お茶やお菓子を出すと喜ばれるタイミング
  • ・授業が始まる前に部屋に置いておく
  • ・授業が始まってすぐに部屋に持って行く
  • ・あらかじめ決められた休憩時間中に持って行く
  • ・授業時間の半分あたりで持って行く

ネットの口コミで家庭教師をしている、あるいはしていた方の意見としては、

「いいペースで教えていたところにお菓子を持って来られると、生徒の集中力が途切れ水を差された気分になる」
「お菓子を食べている間は息抜きになる。生徒から学校生活のことなどを聞いたり、コミュニケーションを取る時間になる」

といったように、差し入れによるメリットはあるものの、出すタイミングによっては迷惑に感じられてしまうこともあるみたいです。確かにお菓子が出てくれば子供はそちらに夢中になりますよね・・・。私は先生に相談して最初に置いておくやり方を取っています。これだと一区切りついたときに食べることができてペースが作りやすいそうです。

ただ、授業後に「お菓子をどうぞ」と引き留めるのは控えるべきです。帰りの電車の時間に間に合わない場合もありますし、教えに来てくれている先生が学生さんなら翌日も学校や試験などがあるかもしれません。大事なのは厚意を押しつけ過ぎないことなんですね。

また、お菓子は特にアレルギーがあると食べることができません。高価なものを出されると先生も断りづらいですし、お菓子を出すのであれば事前に「食べられないものはありませんか」と聞いておくのもいいでしょう。

お茶やお菓子を差し入れするときの注意点
  • ・差し入れるタイミングによっては子供(生徒)の集中力が切れることがある
  • ・差し入れによって授業のリズムが崩れてしまうことがある
  • ・高価すぎるお菓子は先生を困らせてしまうかも・・・
  • ・飲み物や食べ物にアレルギーがあるとかえって迷惑になる

【実話】家庭教師にお茶やお菓子を出してメリットを感じたこと

実話】家庭教師にお茶やお菓子を出してメリットを感じたこと

家庭教師にお茶やお菓子を出すメリットについては、私自身が経験した中でこんなことがありました。

まずお菓子は会話を弾ませたり、好きなものを話したりするきっかけになるみたいです。みーこにも聞いたところ、カントリーマアムではバニラとチョコどちらの味が好きとか、チョコパイはミニがいいとか、おせんべいは海苔が巻いてあるやつが好きだとか・・・そんなことを話しているそうですよ。1時間ずっと勉強に集中しているのは難しいですし、そんな和ませ方もいいですね。

それに、親にはなかなか話せない勉強の仕方の相談や受験の悩みを打ち明けることもあるそうです。先生の方が私たちより歳が近いので、よりリアルに受験の体験談を聞くことができる貴重な時間になっているんです。

あと、これは先生にとってのメリットですが、夕飯を一緒にすると様々な世間話もしますよね。我が家では普段夕食をご一緒するようなことはないんですが、授業後に電車が大幅に遅延して復旧までに相当時間がかかりそうだ、ということで食べて行ってくださいと言ったことがあるんです。真冬でしたし、駅で何時間も待つのはつらいですから。

その日は夫が早めに帰っていたので一緒に食卓を囲んだんですが、先生は大学生だったので就職や仕事のことなど、夫からいろいろな話を聞いていました。後日授業後に先生から「先日はごちそうさまでした」というのと、進路を考える上で就職活動に活かすことができそうだ、と感謝の言葉までもらってしまったんです。こういう縁も大事にしなければいけないんだなあ、と感じました。

広い目で見ると人とコミュニケーションを取ることも家庭教師に授業を受けることには含まれているんだなと思わされます。お茶やお菓子はちょっとした心遣いですが、子供が先生とうまくコミュニケーションを取れるようなきっかけ作りができるといいですね。

pagetop