志望校に合格!中学生向けの効率的な勉強方法

【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
家庭教師のメリット
なぜ塾ではなく家庭教師なのか?
年代別オススメの勉強方法
【愛知県版】おすすめの家庭教師の口コミ紹介!
愛知家庭教師TOP年代別オススメの勉強方法 ≫ テキストテキストテキストテキスト

子供としっかりと将来の話をする

子供としっかりと将来の話をする

小学校に入ったばかりの頃はもちろん、低学年のうちは親が子供と一緒に宿題をやるケースが多いようです。子供に1人学習のしかたを教える意味でも、初期の家庭学習を親が一緒にやるのは大切ですね。親も小学校低学年くらいまでなら勉強を教えられる場合が多いので、このくらいまでは気軽に教えられるんだと思います。

子供が忙しくなることや、親が学習内容についてわからなくなってくることも手伝って、次第に親が宿題を見ることは減っていきます。代わりに「勉強しなさい」という声かけだけになっていきますが、この声かけ、小学生には効きますが、中学生になると「勉強しなさい」と言われないほうが学習時間が長いというデータも出ています。中学生には「勉強しなさい」と言い続けるよりも、将来や進路について話をするほうが、ずっと日々の学習時間を伸ばした、ということです。

小学生と違って、中学生になると具体的な高校受験(どの高校に行きたいか)だけでなく、その先の将来の夢(何になりたいか)によっても勉強方法が変わってくることもあるでしょう。そこも含めてお父さん、お母さんとつねにコミュニケーションが取れているといいですね。親にとっては、子供の学習意欲を上げる目的だけではなく、子供のことをよく知るためにも、とてもいいことだと思います。

高校受験に親はどこまで関わる?

高校受験に親はどこまで関わる?

中学生にとっての高校受験というのは、自分自身で人生に関わる大きな決断をする人生最初の大イベントです。もちろんどの高校に行くかは親にとっても最大の関心事でしょう。でもここで意見を出しすぎてはいけません。これを機に、「自分の人生は自分で選ばなければならない」と気づかせるのが大事なのです。

年齢的にも経験的にも、高校受験で子供の自立を促すというのはいいタイミングなのです。小中学生のときのように親が手を差し伸べすぎてしまったり、先回りしてしまったりしないよう、親は注意しなければなりません。

かといって、本人に任せることと無関心であることは違います。高校受験について子供がどう考えているのか、なぜ工業高校を選んだのか、どうして東京の高校へ行きたいと思うのか、などなど、子供の気持ちに耳を傾けることは非常に大事です。子供がそこに思い至るまでの経緯をきちんと把握し、それを聞いて行うのは適切な助言までです。「こうしなさい」「それはやめなさい」は言ってはいけません。

これは親にとってもとても難しいことだと思います。子供も初めてこういう対応をされたら驚いて、不信感さえ抱くかもしれません。しかし、対話をし続けながら決して意見を押しつけないという態度を貫くことで、子供は自分で考える力を持てるようになるのです。これはその後の勉強方法や学習意欲にも大きく関わってきます。

pagetop